tkNotes :: 俺式整形ルール

Created: 2012-03-24
Modified: 2012-03-24
Written by Tatsuya Koyama

このページは

俺式4.0 は僕が僕だけのために開発したコードジェネレータ「tkgen」を用いて生成されている。 僕はこれまた僕だけのための文法を記述することで最終的な html ファイルを生成する。 ここでは、僕が僕のために定めた独自の文法を忘れてしまわないために、 俺式4.0 を書くための文法(tkgen の変換ルール)のドキュメンテーションを行う。

サイトに関する記事ということでここに置いてしまったが、 つまるところこのページをあなたが(興味本位以外で)読む必要性はゼロに等しい。 申し訳ない。

Inline Elements

New Line

改行する
改行した

Text Size

サイズ 文法
small x5 ~~~~~[ ... ]
small x4 ~~~~[ ... ]
small x3 ~~~[ ... ]
small x2 ~~[ ... ]
small x1 ~[ ... ]
normal normal
large x1 +[ ... ]
large x2 ++[ ... ]
large x3 +++[ ... ]
large x4 ++++[ ... ]
large x5 +++++[ ... ]

Context Color

コンテキスト 文法
リンク @@リンク文::file_name
(丸括弧) ( ... )
「かぎ括弧」 / 命名、チャンキング 「 ... 」
「かぎ括弧」 / 台詞 v「 ... 」
軽い強調 / 可読性のためのチャンキング se{ ... }
強調 e{ ... }
強い強調 e{{ ... }}
悪い意味での強調 ne{ ... }
語調を弱める s{ ... }
不安、不確定 ??{ ... }
アグレッシブな突っ込み tk{ ... }
セルフツッコミ stk{ ... }
ちょっと引いた感じの突っ込み htk{ ... }
アグレッシブなボケ pb{ ... }
消極的なボケ、毒を吐く nb{ ... }
陽の感情 / 嬉しい、楽しい joy{ ... }
負の感情 / 悲しい、怒り sad{ ... }
頭の中の声、疑問 ?{ ... }
世間一般に使われるキーワード、専門用語 kw{ ... }
人名、ブランド名、アーティスト名 n{ ... }
作品名 t{ ... }
俺式ローカルのキーワード、固有名詞 lkw{ ... }
要素の列挙、単語のグルーピング en{ ... }
注意喚起 !{ ... }
ex{ ... }
引用、格言 say{ ... }

Block

white block
  • インデントされた小さめのブロック
indented block

Heading

Head1

Head2

Head3

Head4

  • トップページで使ってるひと味違うヘッダ

Title

Grid Layout

  • 12分割のグリッドシステムを採用
    • grid[[[ ... ]]] 内の数字の合計が 12 になるようにする
      • gridstart という行を書くと、合計が 12 になる前でも次のグリッドが左端からになる
  • リキッドレイアウトに対応
  • 最大幅が指定されている
  • # 実際には白枠は表示されない
...
...
...

Paragraph

1st paragraph: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam.

2nd paragraph: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam.

  • ヘッダのレベルに合わせてインデントを深くする場合は、{ の数を増やす

level 1 paragraph:Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam.

level 2 paragraph:Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam.

level 3 paragraph:Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam.

List

  • 長すぎてソースコード上で改行したくなった場合は行末にバックスラッシュ
    • tkgen はバックスラッシュがあると次の行をそこに結合する(次の行の先頭のホワイトスペースは無視される)
  • level 1
    • level 2
      • level 3
      • level 3 multilne text
        • level 4

Preformatting Code

  • # 実際には << と >> のように間にスペースを入れない

  • 表題をつける場合は

  • type には表示したいコードのファイルタイプによって右に表にならった文字列を指定する
  • コードの表示には Syntax Highlighter を使用している
    • コードごとの js ファイルを適宜読み込んでおく必要がある
      • 使うときは、先頭の $general.header の引数で表示したいタイプ以下のように syntax: で指定しておく
種類 type
Plain text text
C++ cpp
JavaScript js
Perl perl
Python python
Ruby ruby
XML xml
CSS css
SQL sql
ActionScript 3.0 as3
Java java
Scala scala

Table

  • yaml の引数で各セルの中身を渡す
    • リストのリスト形式
      • 最初のリストがカラム名の行になる
  • 記述の際に途中で改行したい場合は >- を使う(yaml の表記法)

item1 item2 item3
item4 item5 is multiline item6

Link

Text Link

Category Button

  • リンク先のページのヘッダの直前でアンカーを指定しておく

Link List

  • links の数が6個以上になると2列にする
  • 上矢印ボタンは ANCHOR::navi に戻る